会社概要
放送基準
コンプライアンス
一般事業主行動計画
番組審議会
放送番組の
種別の基準
後援事業について
広告掲載について
ご意見・ご感想
ソーシャルメディア利用規約
個人情報の取り扱いについて
びわ湖放送への
アクセス
びわ湖放送社友会
会社案内 >> びわ湖放送コンプライアンス憲章


びわ湖放送コンプライアンス憲章

 この「びわ湖放送コンプライアンス行動憲章」はびわ湖放送とBBCサービスおよび業務委託先の全ての役員・社員・アルバイト・嘱託(以下、総称として「私たち」といいます。)が遵守すべき、基本的な内部規範を定めたものです。

 びわ湖放送は「びわ湖放送コンプライアンス行動憲章」を遵守することを宣言するとともに、全ての役員・社員・アルバイト・嘱託・業務委託先に対して、「びわ湖放送コンプライアンス行動憲章」を正しく理解し厳正に遵守する事を求めます。



基本憲章<社 訓>

一、私たちは、放送事業の使命を自覚し社会正義と公正に貢献します。

一、私たちは、香り高い文化の伝達と生きがいの提供に献身します。

一、私たちは、自然と人間の調和を考え住みよい地域づくりに寄与します。

一、私たちは、社会変化に積極かつ的確に対応し社業の未来を拓きます。

一、私たちは、常に自己啓発につとめ豊かな感性を育て責任、信頼、節度をもって社業に精励します。



びわ湖放送コンプライアンス行動憲章

●第1、法令、規則を守ります。
1,法令遵守
私たちは、法令や会社の規則を守り、社会的良識に基づいて責任ある行動を行います。自らの業務に関連する全ての法令、条例、規則、業界自主規制、社内規則の求めるところを確認し、理解し、遵守することは、私たち一人ひとりの責任です。
2,放送法・電波法の遵守
私たちは、放送事業に携わるものとして、放送法・電波法の趣旨を厳粛に受け止め放送法・電波法を遵守し、放送の健全な発展をはかります。
3,社内規則の遵守
私たちは「びわ湖放送、就業規則」 、「びわ湖放送、放送番組基準」、「びわ湖放送、個人情報保護規定」、「番組考査ガイドライン」等に関する社内規則を厳正に遵守します。
4,公正な競争
私たちは、三方よしの精神をもって良識ある行動にあたり、独占禁止法、下請法および関係緒法令の遵守はもとより、公正、透明な取引を行います。

●第2、視聴者、県民に奉仕します。
1,視聴者、県民への奉仕
私たちは、県民の視点にたった放送局として、言論・表現の自由を守り、視聴者・県民に真実を伝えるために客観的・かつ迅速・正確・公平な報道に努めます。また、番組を通じて県民テレビとしての価値に満足していただくために奉仕し、新しい放送文化の創造、放送技術の革新にも不断の努力を続けます。
2,誠意ある対応
私たちは、視聴者、県民の意見、批判に誠意をもって対応し、誠実なコミュケーションを通じて、一層の満足と信頼をいただけるように努めます。
3,びわ湖放送の電波
びわ湖放送の電波は県民の財産であるとの認識にたち、県民・視聴者が必要とする地域情報のより豊かで、きめ細かな発信に努め、県民参加、県民との協働による番組作りを推進します。

●第3、人権を尊重します。
1,差別的扱いの禁止
私たちは、一人ひとりの人格や個性を尊重し、性別、信条、身体的条件などによる差別や嫌がらせを、決して行いません。また、他人がそれを行う事を許しません。
2,健全な職場環境
私たちは、不当な差別や嫌がらせ(ハラスメント)につながるような言動または行為をしない、させない、許さない健全な職場環境の創造に努めます。

●第4、取引先との健全、良好な関係を保ちます。
1,取引先との関係
私たちは、番組制作、ニュース取材、番組中継、中継下見、営業活動等で、放送に関係する法人や個人、団体、広告主、広告代理店、その他の取引先に対し、誠実に接するとともに、節度ある健全かつ良好な関係を保つことに努めます。
2,不公正な取引の禁止
私たちは、公正で透明な取引を維持する事に努めます。また、社会通念上の範囲を逸脱するような過剰な贈答、接待は行わず、また受けたりしません。
3,公務員への対応
私たちは、公務員またはこれに準ずる立場の人たちへ、不正な接待、贈答、便宜供与は行いません。
4,反社会的な団体・個人への対応
私たちは、反社会的な団体、個人に対して常に毅然たる態度で臨み、いかなる利益供与はも行いません。

●第5、社会の一員として貢献します。
1,地球環境の保全
私たちは、地球環境をより良い状態に保つため、資源の有効活用や省エネルギーの取り組みを率先すると共に個々人の活動を通じて地球環境の保全に努めます。
2,地域社会とのコミュニケーション
私たちは、社会を構成する企業市民として、地域社会との交流、連携を積極的に図り、健全で豊かな地域社会づくりに貢献します。
3,社会貢献活動
私たちは、事業を通じて地域社会の発展に寄与する社会貢献活動や文化、スポーツ活動を積極的に支援します。

●第6、誠実で公正な企業活動をします。
1,誠実な対応
私たちは、視聴者、県民からの意見や批判に対して謙虚に耳を傾け、誠意をもって対応します。
2,企業情報の開示
私たちは、取材源を含む守秘義務のある情報を除き、視聴者、県民および社会が必要としている情報は適時に適切な方法で開示します。
3,個人情報の管理
私たちは、個人情報保護法および個人情報に関するびわ湖放送社内規定を遵守します。業務上必要な個人情報については適正に収集・管理し、使用にあたっては本人の同意を得るなど適正な手続きを行います。また、正当な理由なく第三者に開示したり、目的外の使用をしません。
4,秘密情報の管理
私たちは、業務上知り得た会社情報を適正に管理し、会社の許可なく第三者に開示したり、業務以外の目的で私的に使用しません。また、退職後も会社の機密情報を漏らすことはしません。
5,知的財産権の尊重
私たちは、知的財産権を尊重し、会社の知的財産権を厳格に保護すると同時に、他者の知的財産権を侵害しないよう細心の注意をはらいます。
6,インサイダー取引の禁止
私たちは、職務上公表されていない内部情報を知りながら、その会社の株式等を売買するインサイダー取引を行いません。
7,私的利用の禁止
私たちは、会社の職務、地位、および財産を私的利益のために使用しません。

●第7、社内通報報告制度を確保・構築します。
1,通報制度
私たちは、びわ湖放送コンプライアンス行動憲章を遵守していくため、明るく開かれた社内気風の醸成に努めます。また違反または違反する恐れが認められる場合、その旨を速やかに「びわ湖放送コンプライアンス委員会」に通報することとし、違反行為を黙認、隠蔽しません。
2,報告者の保護
報告・相談は匿名とし、報告者の秘密を厳守します。また、違反行為を報告および調査に協力した事を理由に報告者に不利益な処遇がなされ無いよう会社は保証します。

●第8、コンプラインアンス委員会を適正に運用します。
1,コンプライアンス委員会の目的
びわ湖放送コンプライアンス委員会は社会規範、法令及び社内規則等の遵守に係る諸活動について総合的に検討を行い、誠実、公正な企業活動に資する事を目的としています。社員への啓発、研修及び行動憲章の違反行為の報告、相談、調査、再発防止等の社内コンプライアンスを推進します。
2,委員会メンバー構成
「びわ湖放送コンプライアンス委員会」(事務局 総務部)の構成員は、次のとおりとします。
    委員長 常務取締役
委員   技術統括、業務統括、報道部長、編成部長、制作部長、総務部長、BBCサービス社長
    委員は社長が任命します。
3,コンプライアンスオフィサー(法令順守担当者)の設置
各部、本部、各支社、BBCサービスにコンプライアンスオフィサーを1〜2名置きます。コンプライアンスオフィサーは各組織で「びわ湖放送コンプライアンス憲章」を浸透させ、社員の意識・行動を啓発する重要な役割を担います。
4,委員会の開催
「びわ湖放送コンプライアンス委員会」は定例会を年2回(年度初めと中間点)開催するほか違反行為または違反行為とおぼしき報告があった場合、または委員からの開催要望があった場合に随時招集します。
5,社内研修の実施
コンプライアンス委員会は行動憲章に基づくコンプライアンス社内研修を年1回以上実施します。
6,問題が発生した場合
びわ湖放送株式会社と株式会社BBCサービスおよび業務委託先の全ての役員・社員・アルバイト・嘱託がコンプライアンス上問題がある事態を認知したときは、直ちにコンプライアンス委員会に報告・相談する義務を負うものとします。
報告を受けたコンプライアンス委員会は、即座に委員会を開催し問題の性質に応じて、適宜、担当部署に問題の調査・対応を指示するものとし、関係部局はその指示に従うものとします。
コンプライアンス委員会委員長が重要であると判断した事項は審査を実施し、審査状況を逐次、社長に報告します。
7,通報窓口の開設
コンプライアンス行動憲章に違反または違反する恐れが認められたとき、コンプライアンス委員会に容易に通報が出来るようコンプライアンス委員会として窓口となるメール・投稿箱を設けます。
8,違反の報告
私たちの一員がびわ湖放送コンプライアンス行動憲章に違反したことが明らかになった場合は速やかにその内容を社長に報告します。
9,再発防止策
「びわ湖放送コンプライアンス行動憲章」に違反した事が明確になった場合、速やかにコンプライアンス委員会で調査を実施し真相究明を行うとともに、コンプライアンス委員会として、再発防止策を含む対応について社長に提言を行います。
10,「びわ湖放送コンプライアンス憲章」の改訂
「びわ湖放送コンプライアンス憲章」は法律の改正、企業をとりまく諸情勢の変化などにより見直しが必要と思われる場合はコンプライアンス委員会が起草し、社長に提案します。