• home
  • ニュース詳細

天気予報

交通取締り情報

ニュース
2019年04月15日(月)の記事

競輪場跡地の商業施設11月完成

大津市の競輪場跡地に建設される、新しい商業施設の工事が始まりました。11月に完成する予定です。15日は施設の建設・運営を担当する大和ハウスグループの大和リースや大津市の関係者などが出席して起工式が行われました。2011年に廃止された競輪場の跡地をめぐっては、19億円と見込まれた解体費用がネックとなって放置されていましたが、大和リースが解体費用も負担したうえで商業施設を整備する協定を結び、去年12月までに解体作業が完了しています。新しい施設「ブランチ大津京」は総事業費60億円。敷地面積6万5000平方メートルで、うち5万平方メートルが商業施設のスペース、1万5000平方メートルは市が管理する公園スペースになります。商業施設にはスーパーマーケットの「マックスバリュ」を始め、レストランなどおよそ40のテナントが入る予定で、年間450万人の来場、72億円の売り上げが見込まれます。なお大和リースは大津市に借地料・年間8400万円を支払うということです。「ブランチ大津京」は11月のオープンを予定しています。

<< 最新ニュース一覧

<< トップページに戻る

BBC NEWS 写真求む!

びわ湖公式チャンネル【YouTube】番組動画配信中!