東尋坊の遺体 死因は脳挫滅
2019年10月21日(月)
17時05分

東近江市の20歳の男性が、福井県の東尋坊の海で遺体で見つかった事件。警察は21日、男性の死因は、頭を強く損傷する脳挫滅だったと発表しました。この事件は、今月18日、東近江市に住む嶋田友輝さん・20歳を彦根市内から福井県坂井市の東尋坊まで車のトランクに監禁したとして、長浜市神照町に住む上田徳人容疑者や17歳から19歳の少年あわせて7人が逮捕されたものです。嶋田さんは、翌日19日の朝、東尋坊の崖下の海で遺体で浮いているのが見つかりました。

●最新ニュースに戻る
●TOPに戻る