淡海をあるく

2018年01月31日(水) 18時50分〜18時55分

遠い昔から受け継がれてきた淡海の文化遺産を紹介▽淡海日本遺産語〜建部大社〜

番組内容

今回は、近江国一の宮と呼ばれる、日本武尊を祭神とする建部大社をご紹介します。景行天皇の時代の創建とされていますが、天武天皇の白鳳4年にこの地に祀られたと伝えられています。古くから武将のたちの信仰が厚く、中でも平治の乱に敗れた源頼朝が伊豆に流される途中、建部大社に立ち寄って源氏再興の祈願をし、見事のその願いが叶ったことから、武運開運の神様として信仰を集めてきました。
番組内容
毎年8月17日に行われている船幸祭は、日本武尊が東夷を征伐する際、海路を舟で向かったと伝えられ、その故事にちなんで大正4年から始まり、神輿が舟に乗り、瀬田川をお渡りします。水と祈りが結びついた建部大社は、平成27年に文化庁が日本遺産に認定しています。

びわ湖公式チャンネル【YouTube】番組動画配信中!