山本周五郎 人情時代劇 最終話  

2018年02月14日(水) 12時00分〜12時55分

第十二話「めおと蝶」

番組内容

【あらすじ】信乃(小野ゆり子)は、慕い合う知也(石黒英雄)がいたものの、国家老・井巻の薦めで大目付・上村良平(山崎樹範)と夫婦になる。しかし、長男・甲之助を自分で育てることを許されず、常に難しい顔をして贅沢を好まない良平との生活に、どこかぼんやりと過ごすように。そんなある日、知也が良平の上役である井巻派の暗殺を企てたとして仲間らと捕まり、その後、内通者の助けで脱走。
番組内容
報せを受けた信乃は眠れぬ夜を過ごすが、そこへ傷を負った知也が現れる。不正を正そうとして謀られたと話す知也を思わず納戸へ匿い、密かに療養させ…。数日後、“汚名を晴らして必ず迎えに行く”と言い残し、知也は江戸にいる藩主のもとへ。しばらくして、知也は特赦となり、不正に関与していたことが明るみになった井巻ら重臣が失脚。
番組内容
上役の失脚により上村家の身辺が慌ただしくなる中、状況の把握できない信乃は、蝶の形にかたどった紙で器用に障子を繕うなど、これまでとは違う姿を見せる良平に戸惑いを覚える。そして、召し出しを受けた良平から巻き添えを食わぬようにと離縁状を差し出され…。

びわ湖公式チャンネル【YouTube】番組動画配信中!