• home
  • ニュース詳細

天気予報

交通取締り情報

ニュース
2017年10月11日(水)の記事

県立大 セクハラで教授を懲戒処分

女子学生に対し、外出や食事といった指導とは関係のない個人的な誘いを繰り返すセクハラ行為があったとして、滋賀県立大学は、11日、当時、副学長でもあった男性教授を、停職2カ月の懲戒処分としました。懲戒処分となったのは、滋賀県立大学・人間文化学部の男性教授63歳です。この教授は、今年3月まで、県立大学の副学長も務めていました。県立大学によりますと、男性教授は、2015年12月から去年5月にかけて、県立大学の女子学生に対し、調査・研究とは関係のない外出や食事といった誘いを、スマートフォンの無料通信アプリを使い10数回に渡って、送ったということです。このうち、去年1月には、男性教授は自家用車で、女子生徒と2人で福井県内の道の駅にある、温浴施設を訪れたということです。県立大学によると、去年12月に女子学生から大学に相談があり、大学は、男性教授の行為を「食事やデートにしつこく誘うこと」などのセクハラに当たると判断しました。聞き取りに対し、男性教授は、事実関係については認めているものの「恋愛感情はなく、自身が定年間近であることから、最後の弟子のつもりで接していた」と話しているということです。県立大学は、「教職員と学生の接し方について、改めて点検するほか、ハラスメント研修会を実施するなど再発防止に努める」としています。

<< 最新ニュース一覧

<< トップページに戻る

びわ湖公式チャンネル【YouTube】番組動画配信中!