• home
  • 最新ニュース

天気予報

交通取締り情報

ニュース
現在時刻:2018年08月15日(水)16時23分

あす15日終戦記念日 県内では―

2018年08月14日(火)│カテゴリ : 社会

あす、8月15日は、終戦記念日です。東近江市にある滋賀県平和祈念館では今、戦争の悲惨さや平和の大切さを学ぶさまざまな催しが、開かれています。終戦から73年。戦争の体験・記憶を風化させない取り組みが、各地で課題となる中、滋賀県平和祈念館では、こんな催しが…平和祈念館のボランティアが演じる創作劇です。フィリピンで捕虜収容所に収監され、生き残った1人の日本兵が描かれました。戦争を知らない子どもたちも、劇に見入っています。また、戦争を知る人たちの心も揺り動かしたようです。平和祈念館では、終戦記念日も戦地での体験を聞く会や、戦争に関する映画の上映会などが行われます。

ファッション甲子園 高校生の挑戦

2018年08月14日(火)│カテゴリ : 文化・芸能

高校野球、夏の甲子園が盛り上がりを見せる中、高校生による“ファッションの甲子園”、全国大会が、間もなく始まることをご存知でしょうか。お盆休みの大津高校。生徒がほとんどいない校舎で黙々と作業をしているのは、家庭科学科3年の森本夏陽さんと、同じく3年の寺澤凪砂さん。2人が出場する「ファッション甲子園」開幕が近づいているのです。ファッション甲子園は、2001年から始まった大会で、全国の高校生が自由に衣装を作りあげ、ファッションショー形式でデザインを競います。大津高校としての全国大会出場は、2年連続3回目。森本さんのデザイン画が、全国1891チームの応募から、一次審査通過の35チームに選ばれました。2人の衣装のテーマは、「柔軟的幾何学」という直線の多い幾何学模様を使いながらも、女性らしさを表現したドレスです。モデルも務める寺澤さんと、最終審査会に向けて衣装を作ります。担当の教諭によると、ファッション甲子園において過去、滋賀県勢の入賞はありません。最終審査会は今月26日。県勢初の快挙を目指し、2人の挑戦は続きます。

甲子園・近江高校2回戦を逆転勝ち

2018年08月13日(月)│カテゴリ : スポーツ

第100回全国高等学校野球選手権大会で、滋賀代表の近江高校は13日、群馬代表の前橋育英高校と2回戦を戦いました。近江高校は序盤1−3とリードを許したものの、4回からリリーフした2年生林優樹の好投などで流れを引き寄せると、6回に集中打で同点、9回には有馬諒のタイムリーで4−3でサヨナラ勝ちしました。近江の次の試合は、今月17日(金)の大会13日目第1試合です。

県庁 夏季集中休暇

2018年08月13日(月)│カテゴリ : 社会

滋賀県では、およそ40年前からこの時期、職員に対し有給休暇の取得を促進しています。13日の県庁・本庁舎では職員の9割が休みをとり各部署1人から2人体制で公務にあたっていました。毎年この期間の県庁内は照明も必要な所にしかつけず、公用車も極力使用しないなど省エネを実施していますが、今年は省いてはいられないエネルギーがあるようです。例年この期間中省エネのためエアコンは稼働されていませんが今年は連日の暑さから熱中症対策のためエアコンを稼働して仕事がすすめられています。県庁の夏季集中休暇は、あさって15日までの3日間で、期間中県では、エアコンは使用するものの本庁舎や出先機関などで合わせて約95万円を節約できる見込みとしています。

5カ国が参加のロボットコンテスト

2018年08月12日()│カテゴリ : 地域

大津市では、アジア5カ国の子どもたちが参加した「ロボットコンテスト」が開かれました。この大会は、大津市内の4つのロータリークラブと京都市に本部を置く国際科学教育協会が主催したもので、日本・韓国・台湾・ベトナム・シンガポールの小学5年生から高校2年生あわせて100人が参加しました。大会は、4つの部門に分かれて行われ、自律型ロボットの部では、2人一組となり、ロボットが障害物を避け指定されたコースをうまく走るようにプログラミングを行います。コースをはずれた場合は、プログラミングやり直しです。ただこの大会で重要となるのが、プログラミング力のほかに、パートナーとのコミュニケーション力。ペアの相手は、すべて違う国の人で、2日前の合宿で相手が決まり、基本的に英語で話します。またドローンの部では、2人が、ついたての内と外に分かれ、ドローンの行方が見えない操縦者に対して、外側の人が方向を指示するため、更にコミュニケーション力が問われていました。

遺体は50〜70歳の男性か

2018年08月12日()│カテゴリ : 事件・事故

草津市の排水路で切断された遺体が見つかった事件。司法解剖の結果、遺体は50歳から70歳くらいの男性で、亡くなってから1週間以内であることがわかりました。この事件は、11日の午前8時半ごろ、草津市志那町で、農業用の排水路から刃物で切断されたとみられる胴体部分だけの遺体が見つかったものです。さらに11日午後6時ごろには、胴体が見つかった現場からおよそ350メートル離れた草津市下笠町、葉山川ののり面から、複数に切断された太ももなど、下半身と見られる部分も捜査員によって発見されました。警察によりますと、司法解剖の結果、遺体は男性で、50から70歳くらい、亡くなってから1週間以内ということがわかりました。切断面などから、全て同一人物とみられるということです。警察では、引き続き、行方不明者の情報などを確認し、遺体の身元を調べています。

山の日 山岳事故への注意呼びかけ

2018年08月11日()│カテゴリ : 地域

8月11日は「山の日」です。大勢の登山客が訪れる大津市の比良山では、警察官らが登山客らに事故への注意を呼びかけました。呼びかけは、比良山のびわ湖側の登山口にあたる「イン谷口(たにぐち)」で行われました。大津北警察署によると管内の比良山には、毎年夏に約800人が訪れるということです。警察官らはこれから山に向かう登山客らに、過去に比良山で発生した遭難事故の場所を記した地図などを手渡しながら、道に迷ったり、滑落しやすい場所を説明するなどしていました。大津北署管内では今年山岳遭難事故が15件起きていて1人が死亡しています。事故の中には、入山前にルートや日程を申告する登山届が出されていなかったものも含まれるという事です。登山届は、登山口で簡単に記入し、そのまま提出することもできるため、警察では山に入る時には、必ず提出するよう呼びかけています。

高齢女性がトラックにはねられ死亡

2018年08月10日(金)│カテゴリ : 事件・事故

10日午前7時ごろ、守山市浮気町の市道交差点で、女性が横断歩道を渡っていたところ、右折してきた普通トラックにはねられました。はねられたのは、近くに住む仲山順子さん(84)で、仲山さんは、頭などを強く打ち、病院に運ばれましたが、約1時間後に死亡が確認されました。警察では、普通トラックを運転していた大津市の40歳の男性会社員を過失運転致傷の疑いで逮捕し、事故の詳しい原因について調べています。 

給食費横領の事務員を懲戒免職

2018年08月10日(金)│カテゴリ : 事件・事故

県教育委員会は給食費約690万円を着服していた愛荘町の小学校事務員を10日付けで、懲戒免職処分にしたと発表しました。懲戒免職処分となったのは愛荘町立秦荘西小学校の男性事務員21歳です。県教育委員会などによりますと事務員は、保護者から徴収した給食費の通帳を保管していましたが、去年8月から今年5月にかけて、この通帳から7回にわたってあわせて約690万円を着服したということです。事務員は「各方面に多大な迷惑をかけて申し訳ありません」と着服を認めているということです。なお愛荘町の教育委員会ではすでにこの事務員を業務上横領容疑で刑事告訴しています。また、管理監督を怠ったとして学校長を文書訓告としました。

児童らが論語学ぶ

2018年08月10日(金)│カテゴリ : 地域

江戸時代の儒学者中江藤樹の出身地・高島市安曇川町で、夏休み中の児童らが学校の授業とは一味違う論語や習字を学びました。この「了佐てらこや小学校」は、毎年夏休みに論語や書道など日本古来の「読み」「書き」学習で子どもたちに学びの大切さを教えています。教室名の「了佐」は、中江藤樹の弟子で人一倍の努力家とされる大野了佐にあやかったもの。子どもたちは論語を元気いっぱい読み上げたり、難しい字を書き写すなど、一生懸命取り組んでいました。

<< トップページに戻る

びわ湖公式チャンネル【YouTube】番組動画配信中!